今必要とされる、OBPアカデミア

OBPアカデミアは、大阪ビジネスパークの活性化を目的として作られた、コワーキングスペースです。自宅でも職場でもない、3つ目の居場所「サードプレイス」として活用できるこの施設は、
約1400冊を蔵書しているライブラリー、カフェラウンジ、4つの会議室の設備があります。テレワークが推進される昨今、雇用形態にかかわらず、多くの人にとってコワーキングスペースで仕事をすることが定着してきました。
その一方で、テレワークの推進によって、対面して人と繋がることが少なくなってきていることもあり、OBPアカデミアのような、コワーキングスペースでの交流を求める人も少なくないようです。

そこで今回は、OBPアカデミアの施設についてご紹介したいと思います。

交流の場として利用する

OBPアカデミアの、イベントやセミナーの年間の実施回数は、およそ1000回。
全国的に見ても、かなり多くの回数を実施しています。
イベントやセミナーの参加には、別途参加費用が必要ですが、そのジャンルはさまざまでスキルアップだけでなく、趣味の世界を広げることも可能です。

自分に合ったスペースを利用する

4つの会議室

4つの会議室は、それぞれ1時間当たりの使用料金が決まっています。

●ワークルーム1 収容人数8人 ¥3,500/1時間
緑をテーマにしているワークルーム1は、壁にもウォールグリーンが飾られ、まさに自宅とオフィスの中間のような空間です。

●ワークルーム2 収容人数10人 ¥4,300/1時間
室内のテーブルの天板にはひのきが敷き詰められていて、ひのきの香りに癒されながら作業をすることができます。

●ワークルーム3 収容人数12人 ¥5,000/1時間
格子戸や和紙を使った壁紙など、和を全面的に取り入れた空間で、気分転換をして打ち合わせをしたい時や、ワークショップにも向いています。

●セミナールーム 収容人数38人 ¥12,000/1時間
大阪城とその周辺の緑を見下ろすことが出来るセミナールームは、ワークショップや会議はもちろん、研修などにも利用できる広々としたスペースです。

カフェラウンジ

新聞などを手に取りながら、ドリンクを楽しめるスペースです。
朝の出勤前に利用する方や、家事を終えた主婦の方など、その使用者は様々です。

ライブラリー

地下鉄谷町六丁目駅にある、売上坪単価日本一にもなった隆祥館書店とコラボして、ライブラリー
使用者と本の一期一会の出会いをコーディネートしています。
読書を楽しむためだけに利用する方もいるので、様々なジャンルの本や雑誌を取り揃えています。
OBPアカデミアを利用するには、月額や年額会費のほかに、1時間¥500~のプランもあります。
家でもオフィスでもないその空間で、ライフワークを更に豊かにできるかもしれませんね。

OBPアカデミア

「ともに学び、楽しみ、働く」をコンセプトとするコワーキングスペースです。読書・自習・仕事・セミナー・交流など、使い方はあ…

\Twitter/