大阪市立図書館で定期開催!ビジネス講座「元気塾」

大阪市立図書館では、中小企業診断士や、弁護士、ハローワークの職員などを講師に招いて
図書館ビジネス講座「元気塾」を行っています。
図書館での開催のため、あまり知られていないかもしれませんが、主に休職中の方や独立したての方々を対象とした講座です。
中央図書館5階の大会議室にて、14時から15時入場無料で行われているので、ビジネススキルをアップしたい方や、独立したけれど相談する相手がいない方などは、興味のある講座内容が見つかるはずです。
10月30日現在で、参加者を募集している講座をご紹介します。

はじめてのハロートレーニング(職業訓練) キャッチフレーズは”急がば学べ”

【日時】令和2(2020)年11月20日(金曜日) 14時から15時(開場13時15分)
【会場】中央図書館 5階 大会議室
【定員】60人 (往復はがき、またはインターネットからの事前申込制) 入場無料
【対象】お仕事を探している方(離職者・転職希望者等)、またその関係者など
【講師】 ハローワーク大阪西 職員


職業紹介所としてのイメージが強いハローワークですが、休職中の方を対象に、様々な職業訓練も
行っています。この講座では、様々な職業訓練のコースの特徴を知ることができ、職業訓練の申し込みまでの流れも、把握することが出来ます。
事前申込制で、インターネットでは11月6日(金)まで、往復はがきは11月6日(金)必着となっています。
現在お仕事を探している方で、ハローワークに行かれたことが無い方も、職業訓練のコース内容を知る機会になるかもしれません。

IT/IoTからAI、そしてDX(デジタルトランスフォーメーション)へ! 中小企業のイノベーション

【日時】令和2(2020)年 12月19日(土曜日) 14時から15時 (開場13時15分)
※後日動画配信予定
【会場】中央図書館 5階 大会議室
【定員】60人 (事前申込制) 入場無料
【講師】辻野 一郎 氏 大阪府商工労働部中小企業支援室


IoTとは、今までインターネットにつながっていなかったモノをつなぐことを示します。
少し前までは、インターネットはパソコンとパソコンを繋ぐものでした。現在はスマホ、スピーカー、カメラなど様々なモノがインターネットと繋がっています。こちらの講座は、中小企業もIot、そしてAIを積極的に取り入れることによって、生産性を上げるなどの変革を起こせるのではないかという内容になっています。
申込はインターネットでは、は12月5日(土)まで、往復はがきの場合は12月5日(土)当日必着となっています。
また、大阪市立図書館は、大会議室での講座とは異なり、オンラインで「プレスリリースの書き方・届け方」を大阪市教育委員会YouTubeチャンネルで公開しています。
視聴環境を選ばずに、マスコミに掲載されるためのプレスリリースの書き方を学ぶことができます。
今後は2021年1月9日(土)「決算数値の読み方」、2021年1月16日(土)「交渉術関連講座」、2021年2月27日(土)「創業計画関連講座」2021年3月6日(土)「事業計画関連講座」(すべて講座名は仮です。)の開催も予定されています。
講師として、同志社大学官学連携支援ネットワークの方や、日本政策金融公庫大阪創業支援センターの職員の方などを招き、講演が行われる予定です。
※全ての講演は、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、中止や延期される場合があります。

\Twitter/