もう行った?りんくうプレミアムアウトレット!

ショップエリアとシーサイドパークからなる、りんくうプレミアムアウトレットは、2020年8月にリニューアルオープンされています。50店舗のショップを増設し、現在約250店舗のショップが並ぶ、西日本最大のアウトレットモールになっています。

りんくうプレミアム・アウトレット パワーアップオープン

海と空を一望する新エリアに、約50の多彩なブランドや、グランピングなどアウトドアアクティビティが楽しめるシーサイドパーク…

新型コロナウイルスの影響もあり、8月には行くことが出来なかった方も、冬の大型連休になる前のこの時期なら、夏休みよりは混雑を避けてお出かけできるかもしれませんね。

ショップエリア

飲食店はファミリーから、カップルまで楽しめるフードメニューが充実しています。
特に注目したいのは、新エリアには関西初出店となる「こめらく」と「パンダエクスプレス」の2店舗です。
創作出し茶漬け専門店「こめらく」では、ウッドボールに入ったおひつごはんと、たれやフレーバーを選べるから揚げが楽しめます。カリフォルニア州で誕生した「パンダエクスプレス」は、アメリカンチャイニーズレストランです。本格中華料理とは違った、お手軽な中華がいただけます。

飲食店以外にも、リニューアルオープンから2か月が経った今も、続々とニューオープンのショップが登場しています。
11月にはケイト・スペードニューヨークやスナイデル、リリーブラウンなどの有名アパレルショップも出店予定です。

シーサイドエリア

シーサイドエリアでまず気になるものが、アウトドアメーカーの株式会社スノーピークと、世界的建築家の隈研吾氏が開発した、木製のトレーラーハウス「住箱」です。
エリア内に5棟設置されていて、中はエアコンや冷蔵庫も完備された快適空間になっています。

住箱の宿泊プランでは、宿泊に朝食の付いているプラン、朝食と夕食にダッチオーブン料理を楽しめるプランなどがあり、グランピングが初めてでも、安心して楽しめることが出来ます。
アメリカの港町チャールストンをイメージしたシーサイドエリアの街並みに、住箱が並ぶ景色はまるで海外旅行に来た気分。
夜は関西国際空港から飛び立つ飛行機を眺めることができるので、デートスポットとしてもおすすめです。

\Twitter/