株式会社ダイレクトマーケティングミックスが東証一部へ上場

株式会社ダイレクトマーケティングミックス

大阪に拠点を構える株式会社ダイレクトマーケティングミックス2020年10月5日東証一部へと上場を果たします。
いきなり東証一部への上場ということなので会社を本当に大きくし、日本を代表する企業へ育てるという気持ちが伝わってきます。

東証一部へ行く最大のメリットは「知名度の向上」でしょう。
株式市場に興味がない方でも「東証一部」という単語は聞いたことがあるはずです。
もちろん東証で1番良い市場なので審査も厳しくなっています。

知名度の向上と信用の確保、東証一部というステータスはビジネスを有利に進めていくことができます。

企業情報
企業名 株式会社ダイレクトマーケティングミックス
代表取締役 小林祐樹
住所 大阪府大阪市北区曾根崎1-2-9
資本金 16億円
設立 2017年08月03日
企業理念 いま、社会から必要とされていることを
従業員数 771人
事業内容 • コンサルティング事業
• 人材派遣事業
• マーケティング事業
• BPO
証券コード 7354

※公式HPから抜粋

事業内容

株式会社ダイレクトマーケティングミックス(以下 DmMiX)はコンサルタントを軸に、"ビジネス"の価値を最大限発揮させて、クライアントの事業を前進・加速させることを目的としています。
顧客企業の「働き方改革と営業改革の両立」を実現をスローガンに掲げて事業を行っています。

ダイレクトマーケティング事業

自社で運営するコンタクトセンターにおける当社グループのコミュニケーター(クライアント企業のエンドユーザーとダイレクトマーケティングチャネルを通じた直接の対話を行う当社の人材)による電話コンタクト、直接訪問、Web コンタクト等のチャネルを通じて、顧客企業に代わってエンドユーザーに対し商品・サービスのセールス、訪問のためのアポイントの獲得等を行っております。

※IR資料より抜粋

ダイレクトマーケティング事業では、グループ企業を通じてクライアント(顧客企業)に代わりエンドユーザーへのセールス・アポイントなどを行います。
これは子会社である株式会社カスタマーリレーションテレマーケティング(以下 CRTM)を経由した事業だと思います。

コンサルティング事業

ダイレクトマーケティングを通じて蓄積した情報資産を活用し、顧客企業の課題や目的に合わせた、営業・マーケティング戦略について戦略及び計画の策定からシステムの構築、実際の運用に至るまでのサービスの提供を行っております。コンタクトセンターの運用や商品開発に関する助言、営業部門の人員に対する研修、市場調査など多岐にわたるコンサルティングを実施しております。

※IR資料より抜粋

コンサルタント事業ではクライアントの事業内部をしっかりと調査して、問題点を炙り出さなければなりません。

BPO事業

顧客企業の営業・マーケティング活動に関連する付随業務の受託により、自社で抱えているとコストや工数がかかる業務の一括代行等、煩雑な作業の省力化・簡素化をサポートする業務を行っております。具体例としてエンドユーザーと顧客企業間での契約締結事務の代行や、ダイレクトメール等のプロモーションメディアにかかる業務代行等を実施しております。

※IR資料より抜粋

BPOとはビジネス・プロセス・アウトソーシングの略称です。

全ての事業に通ずるのは、各方面に対して常に提案をし続けなければならないので営業力と提案力が強い企業と言えます。
社内でナレッジが溜められているからか年々業績も上がっており、堅調な経営をしているようにも見えます。

特に子会社のCRTMの業績が良く、連結での利益をどんどん伸ばして行っています。
2020年12月期の連結売上予想は21,400(百万円)と公表されており、前年度の17,213(百万円)に比べると24.3%上昇しています。

企業としては成長していますが、このビジネスモデルが市場からどのように評価されるのかを追いたいと思います。

有名なPEファンドも出資

DmMiXの株主構成を見てみると、株式会社インテグラルという有名なPEファンドが出資していました。
インテグラルはプリンシバル投資として現在576,000株を保有、インテグラル3号投資事業有限責任組合として現在16,072,800株保有しています。

DmMiXの成長にかなりの期待感を示しているのは間違いないでしょう。
プリンシバル投資の方に関してはロックアップ180日間のみ(上場してから180日以内は売却不能)ですので約半年間は株を保有し続けることになります。

共同経営者の佐山氏はスカイマークの再建を行っている最中です。
上場廃止になったスカイマークを再建すべく、インテグラルから90億円のつなぎ融資を行いました、その後スカイマークの会長に就き現在も奮闘しています。

上場当日の株価

DmMiXの初値は2600円を付け、無事売買が成立しました。
公開価格は2700円でしたので公募割れという結果になってしまいましたが、ここからが第二のスタートなりますので時価総額がどこまで大きくなるかを陰ながら見守りたいと思います。

\Twitter/